休むことの重要性

未分類

HSPや内向型の人にとって自分一人の時間を確保することは重要だ。

そこで、どうしたらもっと効率的に休むことができるのかを考えて見たいと思う。

この記事を読めばより効果的な休息方法を得ることができる。

HSPや内向型の人間は、ほとんどが一人の時間を確保することで心身共にリラックスできる。

仕事の昼休みや、休みの日は特に一人でいたいという人も多いだろう。

ただ一人でいたいと思っても、どうしても断れない誘いがあったり、

頭の中で同じことを考えてしまい気が休まらない人もいると思う。

そう。はたから見たら休んでいると思われる状況でも、本人からしたら

全然休めていないということがあるのだ。

そのような状況にどのように対処すればいいのか?

まずは休む時についとってしまいがちな方法を見てみよう。

【問題1.慣れたことを繰り返す】

人間というのは習慣の生き物だ。

そのためつい慣れていることに目を向けやすい。

慣れていることなら、特別意識をすることもないし、ある程度の休息は見込めるだろう。

しかしこのように感じたことはないだろうか?

「休んでいるのになんか物足りない」

「あれだけ楽しめてたのに今回は全く楽しくない」

誰もが一度は感じたことがあると思う。

そう。マンネリ化することによって、脳が退屈を覚えるのだ。

ではどうしたら良いのか?

【改善策】

・ちょっとした変化を与える

例えば、休みの日に行く行きつけのお店があるとする。

そこで、

・いつもと違う店に行ってみる

・行く道順を変えてみる

など、いつもの行動に少し変化を加えてみるのだ。

すると不思議なことに、1日の充実感が上がる。

【問題2.つい考えてしまう】

せっかくの休みどこかに行こうと思い立ったはいいものの

「会社の仕事に必要な準備がある」

「不安なことがあって楽しめない」

など、休みの日なのに思考がぐるぐるとまわり考えごとで一日が終わるという経験をしたことはないだろうか?

そんな時に役だつテクニックを紹介しよう

【改善策】

ノートに書き出す

今思っていることをできる限りノートに書き出してみる。

これはブレインダンプというテクニックで、書くことで考え事に使われていた

脳のメモリが減り、すっきりできる。

書くことは本当に何でも良い。普段声に出していないドロドロの感情も言葉にして吐き出そう。

・瞑想をする

瞑想といえばスピリチュアルだと考える人も多いのではないだろうか?

しかし、近年は科学的にも効果が実証されている。

やり方はいくつかあるのだが今回紹介するのは呼吸瞑想。

その名の通り、今自分がしている呼吸に意識を向けるだけだ。

鼻から息を吸って口から息を出す。これをできる範囲でなるべく時間をかけて行う。

全ての瞬間に全神経を傾けることができればOKだ。

文字で書くのは簡単だがやってみるとすぐさま思考が湧き上がってくる。

そんな時に、意識を呼吸に戻す。この呼吸に戻すという行為が脳を鍛えてくれる。

習慣化できれば、日常生活でも、思考に巻き込まれず、客観的に物事を判断しやすくなるだろう。

【まとめ】

これらを意識すれば本当の意味で休息ができるだろう。

内向的やHSP気質な人は特に自分で休息をコントロールすることが必要になる。

あまり無理せずにこまめに休息を取り、体調管理をしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました